巨人の肩に乗る

商品やサービスを作るにあたって、新規性が重要だとしみじみ感じています。新規性という言葉は凄く一般的ですが、新規性を生み出そうと実践してみるとかなり難しいです。大概はあらゆることが既にやり尽くされているので、ゼロから新規性を産むのはでとんでもなく厳しいと思います。

そんな中でどうやって新規性を産むのかというと、「巨人の肩に乗る」という方法が一つあります。調べると「巨人の肩に乗る」とは「先人の偉業にもとづいて仕事をすること」という意味らしいです。過去の先輩達の活動に自分ならではの知見や技術を一個だけ付け加えると、新規性も生み出されるのではないでしょうか。そうは言っても、巨人の肩に乗る作業自体が難しいですよね。